藤井日達上人

慈悲・不殺生戎

慈悲・不殺生戎

慈悲・不殺生戎の功徳は、彼の自己防衛などと云うが如き無道徳の暴力行為を遥かに超越して、一切衆生の生命を保護し、一切衆生に無畏を施す最高の道徳であります。又怨敵を根本的に降伏する大神通力であります。我が慈悲心・不殺生戎も、他の瞋恚熾盛(しんにしじょう)の者・凶暴残忍の者に対しては、直ちに是を改悔転心せしむる事は不可能でありましょう。其時は所以なく我が身命を喪失する恐れが有ります。是に於いて我が身命を惜しんで暴力を採用すべきか、或いは我が身命を捨てて不殺生戎を護持すべきか、其の決心判断は、不殺生戎に対する我が信念誓願の厚薄に帰するものであります。

菩提薩陀の三僧祇百劫に亘る菩薩行の本生譚は、何れも皆、惜しむに余り有る其の尊き身肉手足生命を放棄する事を訓えられてあります。尸毘王は鳩の生命を救わんが為に我が身肉を棄てました。尸毘王の放棄せし身肉手足は、やがて今番釈迦牟尼如来の金剛不壊の妙色身となりました。

此の如き菩薩の本生譚が地上の人間社会に実践躬行(きゅうこう)さるる時、則ち三界は皆仏国土となります。此の如き菩薩の本生譚が狂言綺語視せられ、仏教の四部の衆の間に空しく弄される時、則ち三帰五戒は煩瑣(はんさ)なる形式的戒律となって人間生活に無用の束縛となり、現代文明の自由奔放なる人間の中には、当然隠沒すべき運命を辿るものであります。朝昏(ちょうこん)いかに三帰五戒を念誦するとも、人間の生命を保護する事能わざる仏教は、既に化石したる死骸に過ぎません。

      昭和三十三年七月十五日

撃鼓唱題

撃鼓唱題

日本の仏法・摩訶耶奈の特色は、朝夕三帰五戒を唱うる事ではなくて、其の代わりに行住坐臥に南無妙法蓮華経と口に唱える事である。大小乗倶に、三帰五戒は仏道に入る最初の規定である事に異見は無い。日本の仏法は三帰五戒を否定する者でもなく、無要視する者でもない。唯だ三帰五戒をパーリ語を以て唱えないだけである。別に大乗甚深の義に依って三帰の文を制定して、仏法僧に帰依する事を教えておる。五戒の文に代えるに南無妙法蓮華経と唱える。南無妙法蓮華経は教主釈尊の因行果徳を具足し、不殺生戎の功徳を文辞化したものである。仏滅二千五百年の時代の別文は、則ち南無妙法蓮華経の五字七字である。常在霊鷲山の釈尊の寿命無量は、大乗甚深の義に由る不殺生戎の功徳である。

     昭和三十二年三月一日「仏滅二千五百年」

原始生活

原始生活

悉多太子は、菩提樹下に吉祥草を敷いて結跏趺坐し、自己心中の無明煩悩を断尽くして。無上菩提を證得せん事に専念し給ひ、金剛不動の大禅定に安住された。自己の生命防衛の法も構ぜず。魔軍に対して大慈大悲の心地を磨かれた。

悉多太子の大慈大悲こそは、一切の魔軍を降伏し、あらゆる殺人破壊の兵器を無用化せしめたる不可思議の神通力であった。誰人にも人間には此の神通力が有る。これを悉有仏性と云う。

仏滅二千五百年には時代救済の為に遣わされたる仏陀の遺弟=比丘・比丘尼は、原爆水爆を始めとして諸々の残忍なる殺人兵器を擁する大魔軍の中に於いて何を為すべきか。経文には「此の人久しからずして、必ず当に草を取って道場に座し、諸々の魔軍を破すべし」と説かれて有る。現代の降魔にも、潜水艦・飛行機を必要とせざるのみならず、一切の防衛工作を必要としない。彼の自然に茂れる一樹の木陰に往き、路傍に生じたる幾茎の草を取って褥となし、其の上に打座し、ひたすら大慈無量心・大悲無量心の成就せん事を心に掛けて、大法の鼓を撃つべきである。至極の機械文明の弊害を救うものは、又至極の自然生活・原始生活の中に有る。法華経には分明に「此の大法の鼓の妙音は、一切の魔軍を降伏し、一切衆生を老病死の海。別しては原水爆の横難横死から度脱せしむるであろう」と記されて有る。

      昭和三十二年三月「仏滅二千五百年」

奴隷

奴隷

天地顛倒は末法の姿である。「顛倒の衆生をして近しと雖も而も見ざらしむ」と説かれて有るが故に、真実の救済主たる宗教的教主を見失って、本来市場の交換手段に過ぎなかった貨幣を以て地上の神と崇め、却って金銭が人間を支配するかの如き顛倒現象を生じ、結局金融資本主義の段階に至って、個人も国家も世界も金銭に縛られて自由を失う。日本国が米国に追随せざる所以も、此の金融資本の束縛を被ったが為である。勤労者は機械の奴隷となり、資本家は利潤追求の奴隷となった。文明社会は総て奴隷となった。文明の甘き酒は、人間をして此の顛倒の酔狂を生ぜしめた、現代文明が正に毒発悶乱して大地に蜿転する時となった。此の解毒剤として教主釈尊が末法に留め置かれたる良薬が則ち南無妙法蓮華経の五字七字である。

法華経に曰く「是の好き良薬を今留めて在く、汝ら取って服すべし、差えじと憂うる事勿れ」。不殺生戎をも持たず、布施をも行ぜず、但南無妙法蓮華経と口に唱うる計りにて、いかでか我が身が仏とも成り、此の世界が浄土とも成る事が出来ようか。是は誰にでも当然起こる疑問である。此の疑問に対する解答は、但だ口に南無妙法蓮華経と唱うる事のみである。口に南無妙法蓮華経と唱えざる者には、耳に南無妙法蓮華経を聞かしむる事である。口を閉じて南無妙法蓮華経を唱えず、耳を塞いで南無妙法蓮華経を聞かざる者の為にも。大慈大悲懈倦(けげん)なく恒に南無妙法蓮華経を且つ唱え且つ聞かせねばならぬ。

     昭和三十一年八月 「原子力と人類の将来」

法華経修行の肝心

法華経修行の肝心

法華経修行の肝心は、不軽菩薩の但行礼拝の一行である。彼の礼拝の対象は、絵像でもなく、木像でもなく、諸仏諸天の尊像でもない、仏像でもなく、文字でもない。正しく悪世末法、闘諍言訟を事とする三毒強盛の悪人、増上慢の四衆であった。是等の人々を質直意柔軟なあらしめ、互いに礼拝讃嘆せしめざる限り、人間生活は到底安穏平和ではあり得ない。

不軽菩薩の一期の菩薩行は、殿堂をも作らず、仏像をも立てず、経文をも読まず、深義をも説かず、布施をも勧めず、戒行をも持たず、福祉事業をもせず、道に溢れる増上慢の四衆を見るや否や、其所へ駆けつけて但だ礼拝讃嘆の一行を行じた。礼拝讃嘆の一行こそ、よく闘諍言訟の大火炎を鎮め、増上慢の暴力を挫く。礼拝讃嘆は親友の間にも行われ、怨敵の間にも行われ、家庭の中にも行われる。広い世界に住む、いかなる人間社会にも、礼拝讃嘆の行はれざる処は無い、礼拝讃嘆は、法華経修行の肝心にして、又天下泰平の秘術である。

身に礼拝を行えば、口には讃嘆の言葉が出る、凡そ他人に対して身に礼拝を行じ、口に讃嘆しながら、心に軽慢することは出来ない。心に恭敬尊重の念が起こればこそ、身に礼拝が行われ、口に讃嘆の言葉が出る。悪世末法の増上慢の男女に斉しく恭敬尊重すべき本有の尊形が存在する事を信じ、之を礼拝讃嘆すべき事を教えたものが不軽品である。所謂る道徳哲学も、おしなべて善悪を差別する処には悪人礼拝の教えは無い。それは独り法華経の特色であり、善悪不二の妙法の修行であり、菩薩行の功徳である。されば古人も「心に不軽の解を懐き、口に不軽の言を作し、身に不軽の礼拝を作せ」と謂った。所詮法華経修行の肝心は、此の悪業煩悩の充満せる人間を即身成仏せしめ、此の娑婆世界を直ちに浄土化する事である。

昭和三十年八月二五日「是無智比丘」

是無智比丘

是無智比丘

たとひ小分の法門を心得たりとも、法門を知りたげに問わざる人に妄りに法門を語るべきではない。又たとひ法門を問う人にても、正しき方法に由らず、徒に法門を戯論して闘諍言訟して、瞋恚を起こす者の為には、法門を答へてはいけない。又法門を聞いて歓喜せざる者の為にも、法門を説くべきではない。秘要の法と称せらるる所以は、徒に法門を説かない事である。

末代の凡夫、特に見濁熾(さかん)なる者の為には、法門を説くことは総て利益が無い。但だ南無妙法蓮華経と唱えて礼拝し去るべきである。増上慢心の暴論・暴動・暴力に対しては、避け走り遠く逃げ去って対座せない事が、寧ろ賢明である。但だ礼拝して南無妙法蓮華経と唱えて彼等を避け遠くへ遁れ去れば、増上慢の四衆は、必ず是無智比丘と罵って軽賤するであろう。過去威音王如来の末法に不軽菩薩は、上慢の比丘等に是無智比丘と罵られた。

「日蓮等の類も亦、増上慢の比丘等の為に是無智比丘と罵らるる」と御義口伝に説かれた。我等も是無智比丘と罵らるる事は、是等の先聖の跡を践む所以にして、決して恥ずべき事ではない。是無智比丘と罵られず、智者学匠の身となり、法門知りたげに振る舞う人こそ、真に日蓮大聖人の弟子として恥ずべき事である。

                                                                         昭和三十年七月二一日 不識者

立春

立春

現在は全世界が軍事的精神状態に凍結されてしまっておる。軍事的精神状態は結局人類の恐怖をもたらした以外に、人類の為には何の頼みにもならなかった。

人類は此の恐怖を遁れんとして切に別な道を求めて居る。別な道がいかに険しくとも、そちらへ行くより外に此の人類の恐怖からは遁れ得られない。

別の道とは宗教的感情・道徳的価値の一般的向上である。我々はいかに自ら微力な者であるとして、微力なるが故に愚図ついては居られない。率先して平和建設の精神的な擁護者となり、唱導者とならねばならなぬ。之こそが人類共通の目標であり現代救済の方法である。六合を凍結した厳寒の氷も、その氷の中に凍結されたる草木の新しい精気が動き初むる時に、誰かその柔らかなる芽が

氷を破る事が信ぜられよう。然しその精気が動く時、やがてその氷も解くる。

それが一陽来復の立春である。人類の社会にも一陽来復の時が来る。

厳寒が立春の序曲であるが如く、人類の恐怖は平和建設の前兆であると考える時、精神生活の精気は勃然として一般人類の心の中に萌すであろう。

我々はその内心的確信に由ってのみ此の危険なる時代の試練を克服する事が出来る。二十世紀後半の人類社会の問題は、人類絶滅か、然らずんば人類大同団結かのその何れかである。それは亦暴力の勝利か、然らずんば精神力の勝利かのその何れかである。

                                                                                   昭和二十八年七月「接収地」

釈尊の大慈悲を背負う

釈尊の大慈悲を背負う使命
四月二十八日、本日は日蓮大聖人様が三十二歳にしてこの清澄山において初めて「南無妙法蓮華経」を唱えだされた佳き日であります。この日、この山から現代の悲劇を演じた被爆地広島・長崎に向かって行進を始めます。
これは尊ぶべき大事業、これを軽んずれば人類滅亡をくい止める手段はなくなります。世界はいま、ここに目覚めました。日本山もこれにならって各地に行進が起こっております。
行進して何になるかと迷う者もおりますが、これが戦争をくい止めるのです。戦争をくい止めるのに私たち何人かが歩けばよいのか。そうです。私たちの目には見えない心に、一切衆生の諸々の苦しみを救おうという不思議な力が、これによって湧きいずるのです。これが宗教であります。
「我も亦為(こ)れ世の父、諸の苦患を救う者なり」御一代、頼まれもせんのにこんなことをされて通りました。この方が御釈迦様であります。
御釈迦様のお姿は見えません。なぜ見えないか。これは凡夫が顛倒しておるから見えない。
「近し雖も而も見ざらしむ」
御釈迦様の方から、欲の深い、我慢の強い者には見えなくしてあります。しかし見えないから力を得られないのではなく、この世界を救う力をいただいておる。この力、宗教というものはみなこれを救う力があるはずですけども、不完全な宗教では救えない。救えない証拠は、その宗教の歴史の中に描かれております。
救える宗教は二千五百年、三千年の歴史の中で、しかも物理的に万国どこへ行っても、その救いの力が現れてきます。この宗教とは仏教。この御釈迦様のお心を、こんどは、凡夫の者が継いで世間に伝えて歩く。これが行進であります。
私たちの行進はささやかなものですけれど、この私たちを行進させていただく御釈迦様の広大な神通力、大慈悲力というものは、目にこそ見えねども一切衆生を救い上げる請願があり、神通力があります。これを皆が信じて行進してください。歩くうちでの困難とは、宿の問題とか、誰が先頭に立つかというつまらないことで、これは世間の迷い。この姿を静かに見てください。
私たちはこの迷いを破っていかねばならぬ。
みなは、これから歩くのですが、時は後五百歳、末法の初め、況滅度後に当たっております。天台・伝教が法華経を弘められたのは、まだまだ平和の時代でありました。歌を詠んだり、詩を作ったりしていれば、平和な心が養われていった時代でありますが、末法にお生まれになられた日蓮大聖人は「天台・伝教は、先に生まれ給えり。今より後は又後悔(のちぐえ)なり」と仰せられました。
これは、いまの時こそ、御釈迦様の神通力を現し、大慈悲力を示すべき時である。八月)一五夜の月のようであります。この時こそ、月の光が本当に輝き現れる。
法華経はいつの時代にも衆生を利益します。御釈迦様はいつの時代にも衆生を救われます。けれども今日ほど、大切な時代はありません。その時に生まれ合わせた私たち、御釈迦様のお心を、伝えるべき役目を、自ら背負ってまいりました。これは使命であります。
この世に何のために生まれたかを、いままで知りませんでした。この困難を救おうと思うて立ち上がったその時が、あなた方の御釈迦様への神通力を身に負う時であります。
小さな問題を考えずに、自ら信じて大きな御釈迦様のお慈悲を世間にお伝えください。

  (一九八三年四月二十八日 清澄根本道場にて)

慈悲

慈悲
 宗教的救済の対機となる者は、既に信仰に入った者ではない。又彼の寺院の壇越でもない。
今此三界の一切衆生であらねばならぬ。少なくも人間の社会そのものでなければならぬ。
就中(なかんずく)日々刻々端的に逼る人類の苦悩深き者である。涅槃行に曰く「譬えば父母に七子有らんに、父母の心は平等ならざるに非ざれども、而も病める子に於いて心則ち偏(ひとえ)に重し」応(まさに)に知るべし宗教の対機は、一切衆生の中に於いて、特に病有る子に心則ち偏(ひとえ)に重かるべき筈である。
病有る子と云うは、其の宗教の信者でもなく、又壇越でもない。街頭に往来しておる者、衣食を求めて苦労する者、悪業を作す者、邪見を宣(の)ぶる者、重労働に服する者、穢悪の生活に沈む者、犯罪の者、軽賎されし者、飢人、病人、無信仰者、反宗教者、闘争者、嗔る者、怨言多き者、世を呪う者、正法を誹謗する者、賢聖を罵詈(めり)する者等、挙げ来たれば五濁悪世の衆生の総てである。是等病める子の為に、慈悲の心偏(ひとえ)に重く其の病を治さねばならぬ。
  (昭和二十一年)


20101120-CIMG0422.jpg

若き日のお師匠様と行阿院様

勝利の大道

【大道】 昭和二十一年
 他人に同情深く、慈悲深く、愛情深き事は、自己が活きて行くべき勝利の大道である。孔子が「仁者は寿」と云ったのも、又この道理である。 他人に同情深き者が多ければ其の社会が繁栄し、其の家庭が繁栄する事は勿論の事である。
----中略ーーーーーーー
結局世界に残存する者は、道徳適者より外はあるまい。
ーーーーー中略ーーーーー
真理と正義とのみが持ちこたえて残存する。虚偽と不正は永続はするけれども、審判の日には、フランス革命その他、戦慄すべき方法を以って遂に滅亡に到達する。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 18ページ中1ページ目

カテゴリー

最近の記事

アーカイブ