藤井日達上人

釈尊の大慈悲を背負う

釈尊の大慈悲を背負う使命
四月二十八日、本日は日蓮大聖人様が三十二歳にしてこの清澄山において初めて「南無妙法蓮華経」を唱えだされた佳き日であります。この日、この山から現代の悲劇を演じた被爆地広島・長崎に向かって行進を始めます。
これは尊ぶべき大事業、これを軽んずれば人類滅亡をくい止める手段はなくなります。世界はいま、ここに目覚めました。日本山もこれにならって各地に行進が起こっております。
行進して何になるかと迷う者もおりますが、これが戦争をくい止めるのです。戦争をくい止めるのに私たち何人かが歩けばよいのか。そうです。私たちの目には見えない心に、一切衆生の諸々の苦しみを救おうという不思議な力が、これによって湧きいずるのです。これが宗教であります。
「我も亦為(こ)れ世の父、諸の苦患を救う者なり」御一代、頼まれもせんのにこんなことをされて通りました。この方が御釈迦様であります。
御釈迦様のお姿は見えません。なぜ見えないか。これは凡夫が顛倒しておるから見えない。
「近し雖も而も見ざらしむ」
御釈迦様の方から、欲の深い、我慢の強い者には見えなくしてあります。しかし見えないから力を得られないのではなく、この世界を救う力をいただいておる。この力、宗教というものはみなこれを救う力があるはずですけども、不完全な宗教では救えない。救えない証拠は、その宗教の歴史の中に描かれております。
救える宗教は二千五百年、三千年の歴史の中で、しかも物理的に万国どこへ行っても、その救いの力が現れてきます。この宗教とは仏教。この御釈迦様のお心を、こんどは、凡夫の者が継いで世間に伝えて歩く。これが行進であります。
私たちの行進はささやかなものですけれど、この私たちを行進させていただく御釈迦様の広大な神通力、大慈悲力というものは、目にこそ見えねども一切衆生を救い上げる請願があり、神通力があります。これを皆が信じて行進してください。歩くうちでの困難とは、宿の問題とか、誰が先頭に立つかというつまらないことで、これは世間の迷い。この姿を静かに見てください。
私たちはこの迷いを破っていかねばならぬ。
みなは、これから歩くのですが、時は後五百歳、末法の初め、況滅度後に当たっております。天台・伝教が法華経を弘められたのは、まだまだ平和の時代でありました。歌を詠んだり、詩を作ったりしていれば、平和な心が養われていった時代でありますが、末法にお生まれになられた日蓮大聖人は「天台・伝教は、先に生まれ給えり。今より後は又後悔(のちぐえ)なり」と仰せられました。
これは、いまの時こそ、御釈迦様の神通力を現し、大慈悲力を示すべき時である。八月)一五夜の月のようであります。この時こそ、月の光が本当に輝き現れる。
法華経はいつの時代にも衆生を利益します。御釈迦様はいつの時代にも衆生を救われます。けれども今日ほど、大切な時代はありません。その時に生まれ合わせた私たち、御釈迦様のお心を、伝えるべき役目を、自ら背負ってまいりました。これは使命であります。
この世に何のために生まれたかを、いままで知りませんでした。この困難を救おうと思うて立ち上がったその時が、あなた方の御釈迦様への神通力を身に負う時であります。
小さな問題を考えずに、自ら信じて大きな御釈迦様のお慈悲を世間にお伝えください。

  (一九八三年四月二十八日 清澄根本道場にて)

慈悲

慈悲
 宗教的救済の対機となる者は、既に信仰に入った者ではない。又彼の寺院の壇越でもない。
今此三界の一切衆生であらねばならぬ。少なくも人間の社会そのものでなければならぬ。
就中(なかんずく)日々刻々端的に逼る人類の苦悩深き者である。涅槃行に曰く「譬えば父母に七子有らんに、父母の心は平等ならざるに非ざれども、而も病める子に於いて心則ち偏(ひとえ)に重し」応(まさに)に知るべし宗教の対機は、一切衆生の中に於いて、特に病有る子に心則ち偏(ひとえ)に重かるべき筈である。
病有る子と云うは、其の宗教の信者でもなく、又壇越でもない。街頭に往来しておる者、衣食を求めて苦労する者、悪業を作す者、邪見を宣(の)ぶる者、重労働に服する者、穢悪の生活に沈む者、犯罪の者、軽賎されし者、飢人、病人、無信仰者、反宗教者、闘争者、嗔る者、怨言多き者、世を呪う者、正法を誹謗する者、賢聖を罵詈(めり)する者等、挙げ来たれば五濁悪世の衆生の総てである。是等病める子の為に、慈悲の心偏(ひとえ)に重く其の病を治さねばならぬ。
  (昭和二十一年)


20101120-CIMG0422.jpg

若き日のお師匠様と行阿院様

勝利の大道

【大道】 昭和二十一年
 他人に同情深く、慈悲深く、愛情深き事は、自己が活きて行くべき勝利の大道である。孔子が「仁者は寿」と云ったのも、又この道理である。 他人に同情深き者が多ければ其の社会が繁栄し、其の家庭が繁栄する事は勿論の事である。
----中略ーーーーーーー
結局世界に残存する者は、道徳適者より外はあるまい。
ーーーーー中略ーーーーー
真理と正義とのみが持ちこたえて残存する。虚偽と不正は永続はするけれども、審判の日には、フランス革命その他、戦慄すべき方法を以って遂に滅亡に到達する。

怨敵関係を結ばず

【大道】 昭和二十一年
 肉食動物の猛獣猛禽が日を遂ふて減少し、其等種族が滅亡の運命を辿りつつあるに反して、草食動物が漸次繁栄しつつある。草食動物は動物に対して怨敵関係を結ばないから自己も安全なる想いに住する事を得る。易経に「積善の家に余慶有り、不積善の家に余殃有り」と説くのも此の現象である。

西天開教日誌

 徒弟来る八日の開粥に桃の缶詰を買わんという、予曰く、断食修行は、深山幽谷、或いは、懸崖、飛瀑、人煙絶えたる所にてつとめ来りしが、いつしか堂内となり、中日の梅湯となり、寝たるに床に伏し、寒さには暖房す、修行完了すれば、一切の不味悉く変じて、好味となる、一適の水に八功徳を識り、一飯の米に三徳を獲るなるべし。妄りに銭を散じて好味を求むること顛倒の増長なるべし、修行も結句、修行せざらんに如し。
中略
男子と生まれ出家となり、日蓮大聖人の御弟子となって、果報無上の身を持ちながらも神昏暗鈍、十軍魔王に障えられて、正法光顕の力量もなく、過ぎし一生の屍の捨て所を探して、今日此の所に参りました。
中略
もし私にして、この法滅の現場に直面したならば、みずから死を急ぐよりほかにどの道もとらなかったでしょう。
中略
インド内地の事情に精通することが、肝要であります、俸給か手当か、旅費か、それぞれ準備された範囲でインド旅行をすることは何の奇特も有りそうにも思えませぬ。いわゆる名誉の一等国民が徒らに漫遊したというだけに過ぎませぬ。
一管の竹をたよりに五天竺をうろうろしている人の胸の中に何が潜んでおりましょうか。私は日本の将来のため何の職業でもなく、何の事務でもなく、何所から金銭を貰うのでもなくして、万国を放浪する青年の輩出を希望して止みません。金銭をやよりにして動いている者は、金銭以上の何事も為し得ないのであります。
中略 
旅は忍辱の修行の道場であります。
中略
釈迦牟尼佛は菩提樹下で成道され衆生教化の旅に出られます。最初に誰を教化すべきか、、、、、愛想をつかして幣れわらじのように、ふり捨てた五人の人達の跡を追って愛想つかされた釈迦牟尼佛は請待も受けないのに、みずから進んで五比丘の許へ訪ねておいでになりました。大慈悲の前には、いかなる屈辱も忘れねばなりませぬ。

強盗の出家の弟子

【一閻浮提】
教主釈尊の御在世にも鴦掘摩羅〔オオツクマラ〕と申す外道は殺人狂にして舎衛国城頭此れが為に損傷せられたる者、将〔まさ〕に一千名に垂〔なんなん〕とす、その外強盗の出家の弟子もあり、漁夫の出家の弟子もありぬ、、、、、、、、、耶蘇の十二使徒の中にも漁夫もあり、姦賊もあり、反って学者と祭司の長とはなかりける由、彼の新約と称する経典の明文ならずや。

ただ人を救えばよい

【仏教と世界平和】
私らが娑婆に執着しておってはどうしょうもありません。みんな捨てて次の世に移って行きます。この功徳、その悪行,その貪欲、それだけがわが身についてまわります。きれいな心をもって、この一生を過ごしていく、これが出家の自由であります。寺におらんでもよい、だ人を救えばよい。皆様方とまたどこで会うかもしれません。娑婆の命は限りがあります。お互い縁があれば一日会います。縁がかけると一生会えません。みんなよい道を選んでください。

平和憲法を守る道

----- 平和憲法を守る道 -----昭和四十一年五月三日 於 九段道場

教主釈尊が此の国を安穏に衆生の生活を喜びと楽しみとに充たしめんがためにとて制定遊ばれし不殺生戒を、今こそ人類は挙て信じ受け持たねばならない時代が到来したというわけであります。
 いかなる理由にも拘泥せず、いかなる利害にも関係なく、ただ「人を殺さない」という宗教的信念のみが人類全滅を救う唯一の道であります。
  理想的な日本国憲法
五月三日、今日は憲法の発布されました記念日に当ります。
 この憲法は世界の現在の状態の中では、発布後のことはともかくも、最も理想的な平和をうたった憲法であります。
 現在、人類の恐れや、悲しい運命はみな戦争がもたらしております。
 それで、戦争をやめ、戦争権を放棄するという、こういう条項がこの憲法に定めてあります。これは実に世界のどこの国にも無い平和の憲法であります。これが現実の日本国において守られております。

 軍隊が戦争をするようになる。

日本国民がこの戦争をやめることに反対するわけでもなければ、それかといって、高い軍事費用を負担することを喜ぶわけもありません。ところが政治というもののからくりで、国民は税金をとにかく収めますと収めた税金は、政府の軍隊を作る方面に役立てております。現在の自衛隊がそうであります。
 この軍隊というものがあれば戦争をする道具でありますから、どうしても戦争をしないでおれません。軍隊が強ければ強いで戦争はしたくなれます。

 アメリカが今どこの国においても、アフリカ・アジア・ラテンアメリカの各地に戦争を起しておりますが、これはアメリカが陰になり表になり、金と武器とをやれば戦争は出来るものと考えてやっております。日本にもこの金と武器とを援助して、自衛隊というものを作らせました。

 軍隊は平和憲法の上からは作ってはならない

 陸海空軍はすべて持たないという憲法の建前でありましたけれども、それが、日本国の治安を自力で維持する上には差しつかえないという解釈をしまして、それで自衛隊をつくりました。
 作ってしまいますと、今度は今沖縄がアメリカのベトナム戦争の軍事基地になっておりますが、沖縄からアメリカはベトナムに兵隊を送ったり、弾薬を送ったりしております。その沖縄に日本の自衛隊を送るということを今の総理大臣は言い出しました。これはまことに危ないことであります。
 これでは規則を作っても憲法を作ってもこれを守らねば、何にもならない空文であります。

 印度の現状を見るに

 近来印度が第二次世界大戦の終わりに独立しましたが、独立する時に戦争をせずに独立いたしました。
 ガンディー翁は、印度が戦争をせずに独立しましたから、軍隊というものは、国家を治め、それから外国との交渉をする上には必要でないと、こういう意見を持って印度の国の将来を計画いたしましたが、ガンディー翁の亡くなりました後は思うようにいきません。軍隊が日日に増えるばかりでなく、次第とやはり近代的な装備をするようになりました。
 印度は独立早々でありますために、軍備に費用が食われると国民は非常に生活が困窮に陥りまして、あの広い場所で、豊かな土地と天気に恵まれておりますが、それでいて食べるお米が無くて、飢えて死ぬというような事態が起こり、それが一人や二人でなく、何十万という沢山の者が飢えて死ぬというようなことになりました。
 戦争は勝ちもせねば、負けたかも知れません。勝ってもたいしたところまで行きません。何の得るところもなくて国民はそのお蔭で飢えて死なねばならなくなります。
 こんなことで印度もガンディー翁の信ずるように、印度こそ世界人類の悲劇を救う国だと自ら言って、高い理想と信仰を持って指導いたしましたけれども、なかなかそうはいきません。

 日本の現状を見るに

 日本が戦後この平和憲法を作りまして、軍人というものは絶対にないはずでありましたが、いまや又軍人は、昔の軍隊よりも多くなりました。
 核兵器もやがて日本で製造するというようなことを言い出しております。
 武力によって国を守るという、この考えがあれば、どうしても世界各国皆それぞれに国民を守るために軍備を競います。競えば結局は戦争になります。
 このようなことで、日本も正に軍備によって再び戦争をしかねない姿になりました。それで平和の憲法が邪魔になりますから、憲法を改めようとしています。
 戦争をするように憲法を変えて行こうとしております。
 憲法を変えなくても、すでにもうここまで軍備を進めて来ましたが、さて戦争に踏み切るとなると、ちょっとやっぱり故障がありますから、それで憲法を変えて行こうとしております。

 戦争の被害者は誰か

 近代の戦争が沢山の人を殺します。戦争をしている軍人をことに殺すのでなく、戦いに関係のない一般の女・子供を殺すことが多くなりました。
 朝鮮戦争はごく最近の戦争でありますが、殺されたものの八割までは、何の罪もない女・子供であります。
 広島・長崎の悲劇を見ましても軍人が死んだのではなく、多くはみんな町の人が死んでおります。これからの戦争はすべて広島・長崎のような姿になってしまします。戦争をすればそうなります。それで、戦争をせないことが本当に国を守り、国を守る。財産を守る。国土を守る道であります。
 けれどもこれがどうも、よその国を疑い、よその国を恐れると、平和でじっとしておれません。
 やっぱりよその国から攻めて来たらどうするかと、そんな仮定を考え出しまして、それに対抗する準備を次々として行きます。

 トルストイの平和論

 近代、平和ということを言い出しましたのは、ソヴィエットのトルストイであります。
 私の子供の折りにこの人はまだ生きており、やがて亡くなりましたが、子供の折この人の書いたものが時々日本に翻訳されて来ておりましたので見ますと、やはり何とかして世界平和を作らねばいかないといって、この人たちが主唱して平和会議というものを世界的に開会しました。
 それでどこの国でもいろいろな関係があって軍備を全く捨てることは出来ないだろうといいます。これは現実みんな出来ない。
 それで出来ないとなれば軍備競争になって、生半可な軍備ではいけないので、やはりその国が攻めてきたならば、これに勝つだけの軍備を持たねばならんということになって、軍備競争になります。
 それでこの軍備はやむを得ないという中において、どこの国か敢然と軍備を廃止して、絶対戦争をせないという事を決議する国があったならば、それは世界人類への大きな恵み、恩恵だということを申しております。
 この戦争を放棄する、そういう国があれば、人類は今それを見習うことが出来ます。
 戦争を放棄するという国がこの世界に出現することを人類はまりこがれております。
でなければ人類は滅びてしまいます。私らは滅ぼされてしまいます。
 それでこれを印度が失敗し、日本国も全然軍備は持たない。戦争はしないという憲法までは作りましたけれども、やはり成り立ちません。

 日本国の使命を自覚して

 このようにまごまごしていると、そのうち人類の運命が愈々一挙に決定するという時が来ます。
 それは誰も人を滅ぼそうとすれば、今日自分も滅びねばなりません。この道理ははっきりしております。
 それ故に人類はうっかり戦争は出来ない。そのうちに小さな個人の意見でなくして、国家という一つの形態を持った平和が、全然武装を放棄して、軍備を持たない、そうして戦争はどんなことがあってもしない。
 それで国際的な問題の行きがかり上の紛争が起れば、それは根強く、根気よく話し合いで道理を立てて話し合おうという、こういう国が出来なければなりません。
 その国に日本は失敗してしまったとはいっておれません。やはり日本はそういう国として、世界平和の指導国となって立たねばならない運命にあるようであります。


 日本の優れた生活様式

 このことで一つ良いことは、日本国民の大部分が仏教の信者ではないけれども、仏教の古い伝統を持っており、お仏壇の無い家はほとんどないといってもよいのであります。これは先祖から伝わりましたまことによい生活様式であります。
 そのお仏壇、各家のお仏壇が又お寺というものに統一されて行きます。
 寺の信者とか檀家とか、これが日本国は宗教はいろいろありますが、仏教においてほとんど異議なく統一されております。
 この仏教の精神が現代本当にいかされるという時になりますれば、日本国程みんなの力を結束せしめて平和に立たしめ得る国は、他に無いようであります。

 ガンディー翁を倒したヒンズーの教え

 印度にしても、ガンディー翁が印度の中から非暴力というものを見い出して参りましたけれども、ヒンズー教の中にはやはり正しくないところがありますから、ガンディー翁を倒しました者もヒンズー教徒でありました。
仏教では極楽に行くとか、座禅をするという無理はありましても、仏教の教えに全然反対して行くことを喜ぶ宗派はありませんから、ここに仏教の本当の精神が現われますと、日本は世界平和の現代の要求を満たす国と思います。

平和憲法を何によって支えるか

 日本は平和憲法を作りましても信念がない。これが宗教的な信念によって支えられておらなければ、三百代言が屁理屈をつけるように、やはりその場で憲法の条文を壊してかかります。壊さなくても平気でこれをくぐり抜けるようにします。くぐり抜け得ないときには大袈裟にこれを改めて行くというような手段をとります。皆これは平和憲法の有り難いことを信じないからこうなります。

 聖徳太子の平和の憲法

 平和憲法を世界で始めて作りましたのは日本であります。
 聖徳太子が支那、今の中国から、法律制度を学ばれましたけれども、しかし聖徳太子は毅然として、憲法は僅か十七条の簡単なものでありましたけれども、「和を以て貴しと為す。」平和を第一条にうたい上げられております。世界のどこの国の憲法にもないことでありましょう。
 聖徳太子の作りました憲法の第一条は「平和というものを作らねばならない。争いということをしてはいけない」ということであります。
 けれどもそういう国家の大方針を作り上げるという上にはどのように導けばよいのかというので、第二条にこれをうけられまして「篤く三宝敬う」、三宝といえば当時はじめて日本に入った宗教でありますが、「仏法僧これなり」これを敬わねばいかない。
 この仏法僧を敬うことが平和をつくるという上に大切な教えであるから、およそ人類は万国どこへ行っても生きて行く者はこれに従って行くものであり、この教えは古今変らぬ教えだから、これを信じて行かねばならない。
 「篤く三宝を敬え、三宝とは仏法僧これなり」ここへ又私らは立ち帰らねばならない。
 日本の国柄はこれで治まって来ます。
 聖徳太子の作られた憲法は、今日まで武家がせいじをとってもほとんど、これを改める憲法は出来ておりません。何とか、かんとか政権を保つために、いろいろ形は変えますけれども、この聖徳太子の憲法を変えたり非難することは出来なかったのであります。

 平和の国民性が平和憲法を守る

 それは日本の国民がやはりこうした憲法を守り得るような、平和な民族であったからこそ、この憲法が出来て、これが守られたのであります。
 私らはここに立ち帰り、現在の憲法も現代的の守りましょうが、遠く聖徳太子の昔に帰り、
 平和よりほか国家の目的は無い、人類の目的は無い。
 争いをしないことより他平和を作る道は無い。
 争いの道具、平和の邪魔になるものは、こりは皆捨てねばならない。
 こういうことから私らの信念は、平和を保って行くところの憲法を守って行きます。
 これが宗教的信念になり、それで私らが、この娑婆世界をお浄土に変えて、死んでから三悪道に堕ちないように、永遠の生命の上に動かぬ信仰を持たねばならない。これより他に良い道はない。

 仏教の教えに従って

 人類の生きて行く道のみならず、一切の生きていく道は、平和に暮らすこと。これだけを仏法によって習い極めまして、仏教の教えによって習い極めて、現在の憲法を宗的な信念によって保たねばなりません。
南無妙法蓮華経と唱えてこの憲法を守ります。           合掌


20100714-CIMG0215.jpg

台北 花市

政治

政治とは現代文明の汚濁と危害との製造所であります、人類全般皆此の政治によって苦悩せしめられております、政治は人が汚しました、政治は人が浄めねばなりませぬ。

悪人成仏

【 陣太鼓 】 昭和三年十月  毒鼓 向山の太鼓について
 そもそも出征の勇士を送る太鼓の音響は実は一面にこんな良民の憤慨を喚起せんがために撃ったものだ。信仰することができなければ、むしろ憤慨していただきたいものです。憤慨したということは、一良民生の胸の中に瞋恚、怨嫉の煩悩の炎を勝手に燃やさせたというまでのことではあるが、しかしこの瞋恚、怨嫉の煩悩の炎を酒色や金銭財宝を対鏡として起こさずして、諸経中王、悪人成仏の妙典たる、法華経の御題目の響きを対鏡として起こしたと云うことが、まことに有り難い動機である。当のご本人はただカンカン腹が立ったほかなんらの所得もなかったと思うているうちに、憤慨に煮え返った良民の八職心田の心の奥底には、既に逆縁済度の鋤がすき込まれ悪人成仏の佛種子が播かれてしまった。この上はなんぼ成仏なんかしたくないとおっしゃっても、それは成仏せぬわけにはどうしてもいかなくなった。こう見当を付けた時に一良民の憤慨の如きは、すなわちこれ入仏門の懺悔告白の異の手段であった。自称の一良民はまたこれ仏法の中の真の一良民である。煩悩即菩提とは、かくの如き救済の妙用を称するのだ。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 17ページ中1ページ目

カテゴリー

最近の記事

アーカイブ