藤井日達上人
TOP

中国開教(2)

倉野行陣上人へ  昭和八年十二月三十日 印度にて

 近来新聞紙の記事に台湾の対岸福建省独立宣言致し候由見え候。厦門の福州の辺を一度巡錫して日本山の基礎を創立せらるべく候、此の処が将来風雲激変の兆しありげにみえ候。
香港には西本願寺派の寺院が一軒ありて在留邦人を誑かし一島一寺の規約を設けて他宗の布教を妨害する由承り申し候。
回向商売の狗犬の僧等のたくらみなれば、我等には何等のかかわりも無之候。かって上海に大谷光瑞師などが上海に寺院設立制限規約を作り日蓮宗・真言宗などの売僧を語らい彼地駐在の総領事館に申告して以来他の日本仏法の寺院創立も市中の托鉢修行も総領事館の権力を濫用して禁制致し居り候いしが拙子巌然として上海の道場を創立致し候。香港厦門等にて在留邦人間にもしも右の如き寝言を云い張らば、先ず第一に該地の領事館、第二に本願寺の魔障を折伏なさるべく候。
上海領事館もその遺恨にてもなかるべけれども今日に到るまで一味の悪賊の外交官と連絡して種々の横難を偽造到し居り候、彼等が非法をいかに巡らし候とも天に唾する程の結果に罷りなり候。


20100505-CIMG0224.jpg

中国開教(1)

中国開教 昭和八年十二月二十日

日本山の西天開教は、乃至一人にて沢山にて候、既に二人三人と増員することが結局不安になり候、内地満州(中国東北部)の道場を見る時に安楽の所ほど多勢生活の所ほど悪邪の心に入り替わり候、彼等昨終に省みて多からん事、悲しかるべく候、中国も将来化導すべき地にて候、インドの仏法とは申し乍ら日本に伝通せしめしものは中国の仏法にて候いき、今日西天に中国人として参詣巡錫するものの稀なる事、日本よりは更に少なく候、仏化衰微の様を卜すべきにて候、道順より云えば満州についで中国の化導こそ大切にて候え。


20100425-CIMG0339.jpg

中印戦争

【中印戦争】
 昭和三十八年三月十六日 日本山行進団御中
娑婆往来八千遍の菩薩行をおもう時、時機未熟にしてこの行進が不成功に終わるとも何の遺憾もありませぬ。我等の菩薩行はなお七千九百九十九遍此の道を往来して恥ずかしい事はありませぬ。首相に会見して文書を手交致しました。
我が言う所は、採用されぬ事は万万承知でありますが言わねばならぬ我が責任をおもいます。首相も玄関迄身送られました。一代の名宰相の胸中察するに余り有ります。
鎌倉幕府の最明寺や時宗は、たとい大聖人の諫言を採用せなかっても亡国国家は免れました。
返す返すも毘農婆が軍隊以前に国境紛争地帯に行進してシャンテーセーナの実態を示したならば、此の大国難を救う事が出来たでしょう、とおもうにつけてブーダン運動の小善が彼の世界平和の大善を修行する事を妨げたわけであります。日本山は五河州地方にも亦、本意を達する事が出来ず、インドの為につきぬうらみを懐いて日本に帰ります。
春風を迎えてたかし竜登り
花見んとおもはざれども
敷島の大和に春は立ち帰りけり

中国革命

 中国が革命を成し遂げましたけれども、又文化大革命なんかやりまして、お蔭様で大勢の国民が亡くなりました。其の数二千万人と申します。仏教が弾圧されまして、今度の世界宗教者大会にも中国から来ておりません。元日本の仏教者は習いに行きました、中国翻訳、中国の御坊様の教えを皆受けたのですけど、今は中国が仏教を弾圧しまして、お寺はかち
壊すし、御坊様は皆還俗させられました、決して平和な世界ではありません、無理な社会組織であります。
【中国】 五十六年七月十一日 清澄

【林達聲上人初七日忌恩師御法話】

 臨終する前に何とか今年の私の白寿のお祝いを盛大に勤めて、もう一つはお世話になった先輩の丸山上人~信州の人ですが、その人の十七回忌を賑やかに勤めて、私は中国の開教に出る、と言っておったと云います、私も嘆徳章の中で、中国の民衆を率いて平和運動に立ちなさい。世界の次の指導権は、何処よりも中国の人が握るべきもので十億の人口、熱帯でもない、寒帯でもない、日本と同じ温帯にあの広大な領土を持っております、此処が世界平和の次の中心になると思うて、浄土に止まらずに、中国に立ち帰れと言ったが、自分も其のつもりでおったらしい、必ず将来中国の民衆十億わ率いて平和の教えを広める人となるでしょう。
 昭和五十六年一月二十九日

TOP
<< 1 >> 1ページ中1ページ目

カテゴリー

最近の記事

アーカイブ