藤井日達上人
TOP

宗教の真面目

 宗教の真面目
 非暴力も平和も、元来政治や経済や軍備に由って養成されるものではありません。それは純精神的な修養訓練に由らねばなりません。精神的修養訓練は、古来宗教者の修行でありました。
然るにややもすれば宗教者達は、各自の宗派的形式や教義の研究宣伝等に没頭して、国家にも世界にも平和や非暴力の社会を建設すべき責任感が薄くなる傾向が有ります。
宗教的相違の如きは、形式も教義も、宗教の真面目ではありません。
宗教本来の面目は、第一が不殺生、第二が不偸盗、第三第四第五等であります。
不殺生戒・不偸盗戒の宣伝に合同する事が出来ない宗教は無いでしょう。之を現代的に活用すれば、不殺生戒は戦争全廃、不偸盗戒は搾取反対の行動となります。
不殺生・の禁戒は、宗教者各個人・各宗派の問題に止まらずして、直ちに世界平和・人類繁栄の基礎となります。宗教は権威を以って戦争を否定し、搾取を禁止します。
現代社会は妄りに権益を得んが為に、戦争殺人を肯定し、搾取偸盗を合法化します。是が現代社会の救い難き苦悩となっています。
世界の宗教者は、現代文明のこの大患を救わんが為に、協力一致して宗教の真面目を発揮せねばなりません。

現代の人を救う仏教

今の時代は、何よりもこの人類が直面しております人類全滅の危機。これから救うていかねばならない。この運動に日本の仏教徒も立たねばなりません。なかなか立ちません。もうこういう仏教はすでに現代の人を救う仏教ではない。


20100527-CIMG0265.jpg


台北 花市
TOP
<< 1 >> 1ページ中1ページ目

カテゴリー

最近の記事

アーカイブ