藤井日達上人
TOP

信心

【信心】 天鼓六十年二月号
仏法修行に入るのに妨げになる疑いが三つ有る。その一つが己を疑う一なり。それは、自分は仏法に入る器でないと考えた時、もう仏法修行に入る道は無い。
自分より誰が仏法に入るんだ。仏法の道理が分かっても自己を疑えば。もう仏法修行には入られない。その次に、師を疑ふ、二なり。法を疑う,三なり。
此処に於いて一つも有れば、事、覆器に同じ。器を覆しておいて水を盛るのと同じ、急いで除き断って之を尽くさんのみ。云々。自己を疑うのが疑いの第一の誤り。第二に師を疑う、これが第二の誤り。そうすれば仏法に入る道は無い、私の御師匠様ももう一箇の御住職、お寺さんだった。私もお寺さんにするつもりだった、後、住職になってね、けれども兎に角出家させて頂いたから、私一生こんな自由な仕事が出来たのね。それで御師匠様は、御一代お寺さんであってもかまわない、毎年其処に御詣りしてお礼を申し上げる。御祖師様も道善房の為に報恩鈔を書かれた。
今度は法。法は、お題目を疑う、私らはお題目を持ったり、弘ろめたりしたって、弘まるもんじゃない。仕様がない、という様な事を考えとったら、そりゃ仕方がない。
お題目の弘まる時だ。その時に私らが自分で弘めるのでなくて、弘まる時に、弘まる姿の中に御題目を唱えておればいいんです。御題目が主

一人堅固の大信念

もし当世三類の強敵を招き起さんとするには、正直に方便を捨て、唯、南無妙法蓮華経と声も惜しまず唱え奉り、大法の鼓を撃って立正安国娑婆即寂光即身成仏の大運動を起こすことである。大運動と云っても大勢を組織立てする訳ではない、一人堅固の大信念を以って、街頭に出でて増上慢の四衆を礼拝讃嘆し、恭敬尊重することである、諸天善人の照覧する所、天人竜神の恭敬する所となれば、是が即ち大運動である。

TOP
<< 1 >> 1ページ中1ページ目

カテゴリー

最近の記事

アーカイブ