藤井日達上人
TOP

頭陀苦行の法

【十二頭陀】
頭陀苦行の法、世間の法と異なることは今始まりたることに非ず。しかるを時代の弊風を扇揚する者の曰く、苦行を積むも仏道において利益する所なしと、或は曰く我等が機根苦行に堪えずと、或は曰く国土相応の生活をなすべしと、或は曰く世間の機嫌を獲るべしと、或は曰く自力聖道の聖道の難行なりと、或は曰く末法に相応せずと。
会して曰く教主釈尊の十大弟子五百の大阿羅漢等、皆ことごとく頭陀の行者なり。誰の佛弟子か頭陀の誹謗者ならむ。何れの如来か安臥放逸に耽って無上菩提を証得し給える。
経に曰く、「若し頭陀苦行の人有れば、我が法即ち存じ。若し此の人無ければ、我が法即ち存ぜず」と。
まさに知るべし、頭陀苦行を誹謗する者は仏法を断絶せしめんと欲する天魔悪鬼の託宣なり。
近代の日本国とくに維新以来の日本国、上下一同に悪鬼その身に入って頭陀苦行を誹謗せしめたるものなり。人天正当の見解には非ず。
頭陀苦行を誹謗するを聞いて、たまたまこれをもって我が意にかなえりと思いて頭陀苦行を廃して衣食住ともに世間の毒風に靡きしよりこのかた、日本国に仏法頓に衰え国土たちまち修羅道となりぬ。
もし仏法の中に頭陀苦行を甘んじて如法に勤修精進する者あれば、長く末法万年に及んで仏法流布し、広く一閻浮提に及んで仏法流布すべし。

但惜無上道

【一閻浮提】
 我が家の戒律は、但惜無上道の道心より外に無い、但惜無上道を果たさんがためには、我不愛身命の誓願を要する。

 【仁王護鈔】
 時の古今、洋の東西に渡って、凡そ一世の師表万民の教導と仰がるる聖賢は、就(いず)れも罪人、悪人、賊人、病人等と俱に生活し同じく起居せしこと、その伝記の載する所なり。豈(あに)只に日本山妙法寺のみならんや。

頭陀苦行

【十二頭陀 】 一閻浮提
重門高楼閣は仏法の繁昌とは見ゆれども、仏法衰微の兆候とは思いがたし。されど一度重門高楼閣の中に安養休息になれたらん者が、ふたたびそこを出て、樹下石上に寒暑風雨の中にその身をさらして、ひたすら道を行じ、法を弘むること到底叶うべからず。古賢大徳の師といえども名山大刹を出でて草莽〈そうもう〉の間に入れる者いくばくもあることなし。
重門高楼閣なき所には、仏法の弘通もまた随って絶ふべきの道理なり。重門高楼閣に貪着するにはあらねども自然に重門高楼閣に止住しやすき人情なり。
僧房の広大なるは仏法を幽閉する牢獄なり。不徳の出家、未熟の道人一度び重門高楼閣に止住すれば、みずから貪着して、安楽をその中に貪るのみにあらず。また人をひきいて遊戯の魔境に入らしむ。
ああ今日、いわゆる名山大刹にして世人遊戯の魔境ならざるもの、そこばく所ある。かかる仏法の住所は、所詮住所なきにはしかざりけり。仏法の衣法、飲食法あやまるとも、いまだかって仏法の住所法をあやまるがごとき大過失を生ずることなし。故に住所法は遂に常露座の法に結帰したまえり。
仏法に中、僧侶行者の住所なきに到って、ようやく 十二頭陀の仏法の住所の法にかなう。日本山の僧伽の今日の活計、自然に無住所の頭陀の遺法に応じたるを喜ぶ。かの世間の無宿者の謗り、浮浪人の汚名を厭うことなかれ、仏法の面目、出家の本意はかくのごとき汚名の下に伝来し護持せらるるものぞ。世間の汚名は出世間の高風なり。如来の遺風を伝持するものは世間の屈辱を忍ぶべきなり。ーーーーーーーーーーーー中略ーーーーーーーーーー
好衣は、臆病者の培養器なり、懈怠心の酵母なり、勇猛精進、単衣洗足、日本満州ともに、多寒の国土なれども、余長を蓄えることに慣るれば、 勇猛精進の志を失う。 単衣洗足にして、大寒にさらすこと道心練磨の方便なるのみならず、十方遊化のための試練なり。奇を好むものにあらず。道の殉ずるの志のみ。----------中略ーーーーーーーーーーー
釈尊の佛法の久住、不久住は仏弟子の偏にこの頭陀苦行を行ずると行ぜざるとによるべしとなり。

娑婆一日の修行功徳

【仏教と世界平和】
極楽で菩薩に守られて仏様のお説教を聞いて百年間ご修業するよりも、仏法はなくなって人々が十悪、悪いことばかり、あれこれやる時に、此の娑婆世界で正しい法を弘めていくための一日の修行は極楽百年の功徳に勝る

僧伽の生活

日本山の僧伽の今日の活計、自然に無住所の頭陀の遺法に応じたるを喜ぶ,彼の世間の無住者の謗り、浮浪人の汚名を厭う(いと)ことなかれ、仏法の面目、出家の本意は、かくのごとき汚名の下に伝来し護持せらるるものぞ、世間の汚名は出世間の高風なり、如来の遺風を伝持するものは、世間の屈辱を忍ぶべきなり、・・・・・・日本山の生活は、年中単依跣足にして、其の上に東方流伝の法衣を着る、日光を避けるに網代笠を用い、寒風を防ぐには、頭巾を用い、一鉢に代うるに頭陀袋を用うといえそも別に制限ない、ただ撃鼓宣令四方求法の便宜にしたがって、しばらくかくのごときの風をなすのみ。・・・・・・・
釈尊の仏法の久住不久住は、仏弟子の偏に(ひとえ)この頭陀苦行を行ずると、行ぜざるとにとるべしとなり。・・・・・・・・高祖大聖人の御一期は頭陀苦行の最第一なるものなり、衣は但三衣よりもなお薄く、蓑(みの)をき笠をかむって命を支う、食は一鉢とりもなお少なく、夏は草を食い、冬は雪を盛らせたまいぬ、住所は数々見擯出なり、草庵も焼かれ茅屋(かやや)も追われる、摩訶迦葉の頭陀苦行もまた遠く及ばざるところなり、末法の仏法、かくのごときの頭陀苦行の中に流布す、高祖大聖人の頭陀苦行のあと、今日ふたたび頭陀苦行の人なければ、本化付属の正法もようやく世に断絶せんとす、仏法の繁昌は、衣食住の繁昌とは反比例すればなり、法華経を如説に修行すれば、自然に行頭陀者の称嘆にそむかざることを得べし、かの世に諂う(へつら)て頭陀苦行を厭(きら)うもの、いかでか法華経の行者と称することを得べき、好衣、好食、好住所に貪着していかが法華経を弘通(ぐずう)することを得ん。・・・・・・・・十字街頭に往来して一念衣食住の煩悩にしたがわず、万人誹謗の中に在って而強毒之の鼓を撃つ、如来の使命を重んじ正法の流通を願って余念なし、かくのごときの人は、もろもろの頭陀苦行の人の中の真の頭陀苦行の行者なるべえし、行儀を見れば破戒のごとし、活計を見れば餓鬼道よりも乏し、世間の噂を聞けば、朝敵、国賊、強盗、殺人よりも、さらに悪名あり、かくの如きのなかに一期の寿命をかけ、三業の受持をつとむ、行頭陀者の称嘆、まことにもって相応すというべし、・・・・・・・・・その身は僧籍にあらずといえども能く仏法を伝持し、一人の所化なしといえども、なお人天の導師なり。・・・・・・・・思いきや、広宣流布の真実の唱導師はかの軽賎せられし非人乞食ならんとは、・・・・・・・・・・・僧伽の生活は、自ら耕さず、紡がず、千門万戸に往いて、飯食を乞うて、その生命を支える、乞食の生活は釈尊以来三国の流伝、凡そ、三千年に亘って、佛家の正命食法として行はれたものである。これは世間未曾有の生活法である。

TOP
<< 1 >> 1ページ中1ページ目

カテゴリー

最近の記事

アーカイブ