藤井日達上人
TOP

仏足山入山に当たって (1)

仏足山入山に当たって (1)
ここの宝塔建立は着手したのが三月で、明年の二月二五日までに落成式を挙げたいと思います。
そうすると、日数が常に逼迫しますので、私も気になってここに留まって御祈念をしたいと思いましたが、内地の方も何か用があるというので、ついに心ならず日本に帰りました。日本の用をあちこち勤めてまいりました。それが春の彼岸のお中日に日本に帰りました。こんどまた、秋の彼岸のお中日に帰ることが出来ました。どうも不思議な因縁であります。
で、細かい様子を知りませんでしたけれども、この九月に私が帰りますまでにドームが形を作っていくという噂が日本に伝わりまして、みんな半信半疑で信じきれなかったようであります。
そんなに早く出来る所があまり日本になかったんで雨季になりまして、仕事の困難を感じる所で特に資材の入手が内地に比べると困難でありますが、その中で不思議としてこの宝塔が涌現しました。
宝塔涌現は毘首羯磨天が天から降りて造ると言う事であります。
伝説はそう言う伝説であります。
その毘首羯磨天は一夜にして創りあげたという、そういう伝説が残っております。これもまた、ここの道場も一夜にして出来あがったようなことでありましたが、宝塔様もまた、毘首羯磨天が天から降りて、一夜にして涌現したように、後世にはおそらく伝説が伝わるかもしれません。それ程不思議として簡単に出来あがりました。
それも、宝塔様を建立した経験のあるお弟子も何人か居りますけれど、みんな、それは腰が痛くなったり、足が痛くなったりして、内地に治療をしに帰ってしまいました。あとは宝塔建設の経験のない人ばかりが集まりまして宝塔を建てました。これは、誠に建つべき不思議な因縁、不思議な力がここに現れました。
宝塔を建てる人、毘首羯磨天が、天から降りてきました。頼まれたのでもなければ、私がかって顔なじみでもない、そんな人が集まりまして宝塔を建てました。
昭和五二年九月二三日 (スリランカ・仏足山)


20111213-20110608-0224_13.jpg

スリランカ国・仏足山宝塔

仏足山入山に当たって (2)

仏足山入山に当たって (2)
この宝塔は、ランカの国には宝塔は村々毎に、そこもここもありますが、そうして古い阿育王時代の宝塔もありますが、それに肩を並べてこのランカ国民の信仰の中心になることでありましょう。庶民の信仰も、みんなここで、アヌラーダプーラに詣るよりも、ボロンナルワという、古い都の廃墟の跡を訪うよりも、今はみな仏足山に、国民は集まって来ているようであります。そこに、宝塔が涌現しました。
それが不思議として、外国のお坊様、それも経験の、土木の経験のない人、そんな人々が集まって建ててしまいました。兎に角も、ここまで来れば建ってしまいました。これは誠に不思議な、みな様方は自覚するとせざるとにかかわらず、この宝塔涌現のためには、不思議な因縁を負うて、この世に生まれてこられました。私のように、もう足も手もかなわなくなると、生まれてきておっても、拝むだけより他にできません。みんなは幸いにして、この宝塔涌現のために働ける人として、この世に生まれて見えました。
ーーーーーーー  中略  ーーーーーーー
一代のうちに、終戦後でありますけれども、百の宝塔を建てようと、発願しております。年のほうが早く老いくたびれて、まだ百は建ちません。百建つまで生きておるかもしれません。死んでも、ちっとも差し支えありません。この誓願はみんなが喜ぶことであり、仏法の興隆になることでありますれば、また足りないところを、もう一度ここへ生まれてきます。後に建てましょう。皆様方も次々に仏事をして下さい。
今人類が滅びると言うけれども、その恐怖を感ずるだけで、これを止める力は、どこにも見出されません。強いて見出せば人の心が、ものの命を取らない、不殺生戒を守りより他は、ないようであります。その不殺生戒は、精神的な誓いであります。この精神的な誓いを誓わせていただいたのが、お釈迦様であります。仏教であります。ものを殺すな。如来寿量品、寿量品であります。その寿量品は無量無辺とあります。それが尊いのであります。誰の命もみな無量無辺に伸びていけば、地獄ばかりにうろついているわけにはいきません。やがて仏様のお慈悲が、外から内から、自分の仏性が芽生えて来て、やがて無量の寿命の間に私らはまた仏様になります。
仏様になって見ると長い間が菩薩行であります。仏様になる道中であります。それはなんぼ長くても、差し支えありません。堕落しましても誤ちましても、それはあり得ることで仕方ない。それが結局仏様になる第一段第二段、そういうことになります。尊い道を見出さねばなりません。人を救う、世を救う、こういう仕事にかからねばなりません。大勢を頼む必要は有りません。自らの心一つ決心した時、そこに仏事が開けていきます。私はその経験をしました。
私、農学校で百姓をするはずでありました。百姓やめました。そして御題目を唱えることになりました。初めのうちはそうでもなくて、次第と情勢ー日本の情勢、世界の情勢が、転変してきました。その間にこの御題目の修行が、私の一代の大切な仕事であったことに気が付きました。それが今、米を作っておるよりも、それから何かお金を儲けておるよりも、余程、御題目を唱えておったことが、良かったようであります。これから先、私の唱えた御題目が人類のために、どんなにか大きい利益を施します。そんなことは、誰も信じないかもしれません。私一人信じております。
(昭和五十二年九月二十三日 仏足山)

TOP
<< 1 >> 1ページ中1ページ目

カテゴリー

最近の記事

アーカイブ