藤井日達上人
TOP

刀兵劫抄(第3次世界大戦) その5

刀兵劫抄(第3次世界大戦) その5
仏教広汎にして、八万四千の法蘊と称せらるる。それは到底、我々の機根には手に合わない。
そこで「仏大慈悲を起こして、妙法五字の袋の内に、此の珠を裏みて、末代幼稚の頸に懸けさしめ給う」た。
如来神力品の結要付属の大法門は、即ち是である。是を信ずるが故に、南無妙法蓮華経と唱えるものである。南無妙法蓮華経と唱えるものが、伝染病の流行を防ぐのに役に立つというものではない。南無妙法蓮華経は国際情勢が、いかに切迫しようとも、変化しようとも、その間に在って、百難を排して、不撓不屈、唯一途に平和の歓喜を内蔵して、第3次世界大戦に介入することなく、永世中立を守り徹さんと欲する、大思想の信念の表示である。
人間の社会に、絶対平和の生活を建設せんとしたる者は、個人としては、釈迦牟尼世尊をはじめとして、耶蘇もまた非武装の生活をした。
しかるに一国家として、絶対平和思想高く、軍備を全廃して、古代兵器の刀剣さえも、一口もなく放棄したるものは、世界万国の歴史にも、いまだかって、あらざるところである。
日本国は、その人類史上空前の、世界平和の最初の使徒として、軍備を全廃し、戦争を放棄した。しかも今日、忽然として、世界大戦乱の渦は、身近に巻き起こされた。絶対平和の悲願を達成せしめんがためには、諸の他の戦争する諸国家を恃んで、我が安全を保障さるべきものと想うてはいけない。
世界の大戦乱の闇の中に、非武装の日本は、絶対平和の光明を掲げねばならなぬ。戦争への誘惑があり、平和に対する重圧があって、いかにそれが困難であろうとも、人類の絶滅、文明の総破壊の禍の火を消さんがためには、枯れ草を負うて、しかも大火の中を往かねばならぬ。
法華経の見宝塔品に六難九易の法門が説かれてあるのは、即ち是である。日蓮大聖人の開目鈔に曰く、「宝塔品の六難九易是なり。我等程の小力の者、須弥山は投ぐとも、我等程の無通の者、乾草を負うて、劫火には焼けずとも、我等程の無知の者、恒沙の経経をば読み覚うとも、法華経は一句一偈も、末代に持ち難しと、説かるるは是なるべし
     (昭和二十五年八月)

刀兵劫抄(第3次世界大戦) その4

刀兵劫抄(第3次世界大戦) その4
絶対中立ということは、戦争の惨禍、害毒に、こりごりして、いかなる意味の戦争にも介入しない、戦の相手にもならねば、戦争の相手をも持たぬということである。平和国家の本質上、絶対中立は当然の常識である。
いかなる時においても、交戦国に加担すれば、それは戦争に介入することになる、戦争に介入すれば、戦争國家であって平和国家ではない。

首相は中立論を空念仏と言い、現実と遊離しておるもので、一種の迷信と嘲弄した。日本の中立問題は、空架な問題ではなくして、厳然たる日本の意思表示であるにもかかわらず、中立論を唱えることは、現実と遊離しておるというのは、切迫した国際情勢下においては、中立論は成立し得ないという意味である。
成立不可能の議論を称して、空念仏と言うたものである。
「如説修行鈔」の現世安穏論は、但だ「天下万民一同に、南無妙法蓮華経と唱え奉る」という、簡単平易、通俗普遍な、宗教的一修行に帰結されておる。これは国際情勢にもかかわらず、外交常識にもかかわらない。唯一種の宗教的信条以外のものではない。これこそ正に空念仏の嘲りをこうむるであろうことは必然である。
第3次世界大戦をひき起こさんとしておる、共産主義者と言っても、民主主義者と言っても、その志向する所の内容は、しばらくおいて、共産主義、共産主義と日夜に唱えておる者は、共産主義者でないとは言えない。
民主主義、民主主義と、朝夕に口ずさんでおる者は、民主主義者ではないとは言えない。共産主義者と言っても、民主主義者と言っても、どちらも倶に言葉の相違であり、文字の相違である。
共産主義ということが、直ちに侵攻するものでもなければ、民主主義という言葉が、直ちに保障するものでもない。しかしながら、共産主義という言葉は、共産思想体系を内蔵する。民主主義という言葉にも、民主主義思想体系を内蔵する。
その両思想の相剋、摩擦が、中国の内戦ともなり、朝鮮半島の戦争ともなり、米ソ戦争ともなり、第3次世界大戦ともなる。両思想ともに、闘い取るという思想の根底に、その禍が潜む。
我々は日本のためにも、世界のためにも、戦争の禍根をはらむ思想を克服して、平和の歓喜を内蔵する思想を受持せねばならぬ。平和の歓喜を内蔵する世界第一の思想として、我々は釈迦牟尼仏の仏教を信受する。
( 昭和二十五年八月)




世界各地での核実験 

刀兵劫抄(第3次世界大戦) その3

刀兵劫抄(第3次世界大戦) その3
衆生の機根は、自然として仏法に逆行する。
菩提を求めずして、煩悩を求め、安穏を嫌って喧騒を喜ぶ。
布施は行わずして、強盗を試みる。
子の親を視ること、猟師が鹿を見るがごとく、六親不和にして、天下皆争う。
仏法の中に、刀兵劫の相を説く。
人間の生活は唯、己が貪欲に従うにみ。
貪欲によって、父子、数々相傷うこと、鴟鵂(しきゅう)のその母を食うがごとく、君臣、あるいは相凌ぐこと豺狼の食を争うがごとく、人間の私欲、増長して、世は十悪の世界となる。一向、悪事ばかりの中にも、特に瞋恚の妄念が増長する。父母も我が子に対して、殺害の心を生じ、子もまた父母に対して、傷害の心を生ず。
兄弟、姉妹、君臣、夫婦の間においては、相互いに誹謗し、罵詈し、打擲し、損害することが、あたかも猟師の鹿を逐うがごとしという。
いわんや他人を視れば、さらに瞋恚の心を生じ、他人の声を聞いては、またさらに瞋恚の心を生ず。
瞋恚の心の熾盛なるに任せて、相対する者を皆、互いに殺害する。
相手の手足を分断しても、その忿怒はなお止まず。相手の首がその身を離れても、忿怒はなおやまず、その屍を蹂みひじる。
国土は純ら荊棘林となり、人の手に取る物は皆、ことごとく利刀となる。
かくのごとく変ずる時を、小の三災の第三刀兵劫災という。
人類絶滅、文明総破壊の恐怖をもたらす第3次世界大戦とは、刀兵劫災の時代である。この時代の特色として、十悪業道が盛んに行わるる。中にも瞋恚の心がはなはだしい。瞋恚の心が増長すれば、暴力、戦闘、殺人、破壊の行為は、当然の必要なる社会生活上の一大事として行われる。
暴力、戦争の必要性を信仰的に、宗教的に信ずるにいたれば、暴力、戦争の結果が、いかに恐るべき悲惨、凄愴の事になるであろう事がわかっても、それにもかかわらず、戦争の必要を信ずるが故に、これを行う。
第3次世界大戦の避け難き所以は、現代の人のこの戦争、殺人の必要性を信ずる点にある。
現在、暴力、戦争、殺人、破壊の必要性を信じつつあると同様に、生命の尊重性、平和の生活の必要性を、人間の社会生活の上に、必要なる法則としてこれを信ずることである。
       ( 昭和二十五年八月)




【イラクレポート】地獄の兵器実験場(2/2)  

刀兵劫抄(第3次世界大戦) その2

刀兵劫抄(第3次世界大戦) その2
「冥きより冥きに迷う人心、遥かに照らせ山の端の月」
人間は現実において、暴力戦争の行わるる世界においては、完全に平和の光明を見失うたけれども、それにもかかわらず、平和の光明を求むる心は、どうしても捨てきれない。
平和を求むる心は、清水が大地から湧いて出づるがごとく、混混として昼夜を捨てない。冥きより冥きに迷う人心には、思想・希望の彼岸に高く、平和の光明を仰ぐよりほかに、詮方はない。
貪欲、瞋恚・猜疑の煩悩の重なる山の端の月の光明は、はたして今宵、文明絶滅の恐怖に戦慄する地上に、光明を照らし出すであろうか。
解答を与うるものは、人類、現在の文明においては、宗教よりほかにはない。なかんずく仏教は、この解答を与えんがために説かれたるものである。
釈迦牟尼世尊の出世の本懐とは、即ちこの解答である。
妙法蓮華経 如来寿量品 第十六に曰く
「衆生劫尽きて、大火に焼所るると見る時も、我がこの土は安穏にして、天人常に充満せり。園林諸の堂閣、種々の宝をもって荘厳し、宝樹花果多くして、衆生の遊楽する所なり。諸天天鼓を撃って、常に諸の伎楽を作し、曼荼羅花を雨らして、佛及び大衆に散ず」
一閻浮提の一切衆生は、不幸にして三千年の昔、天竺の霊鷲山において、教主釈迦牟尼世尊が警告し給いし、一閻浮提に遍満せる大火に焼かるる時が来た。その火は三界の中、天上、地界、水中ともに、大火が一時に起こって、いずれの方に向かっても、出離解脱の門はない。
これを衆生見劫尽(しゅじょうけんこうじん)の時という。
この時にあたって、唯有一門の解脱出離の門が開かれてある。この一門は如来の秘密神通之力であり、高祖日蓮大聖人、末法応現の使命である。三界火宅を出離する門を、唯有一門と限定されてある意味は、民主主義にも、共産主義にも、ソ連にも、米国にも、およそ闘争を合理化し、戦争行動を肯定するところには、出離解脱の門は、絶対にないという意味である。
所詮、この地上の暴力に対するに、暴力をもってしては、冥きより冥きに迷う人心である。
暴力とは正反対は柔和である。原子爆弾とは正反対な諸天撃天鼓の妙音である。略奪でなくして、布施であり、闘争でなくして、忍辱であり、憤激でなくして、柔和である。殺人でなくして、礼拝である。
仏法の六波羅蜜、四無量心(慈・悲・喜・捨)は過去の菩薩行ではない。三界火宅出離の門として、ふたたび地上に開かれねばならぬ。
        ( 昭和二十五年八月)




悪魔の核兵器

刀兵劫抄(第3次世界大戦) その1


20110112-buddha1.jpg 
 
佛陀



刀兵劫抄(第3次世界大戦) その1
南無妙法蓮華経 戦争の発端は、双方、勢力の均衡状態とか、一方的勢力の優位とかをもって、計画的に防止されるものではない。
先般の日・米英戦争にしても、勢力の不均衡な、しかも劣勢な日本から挑戦したというではないか。
日本の絶対中立論が、戦争防止の手段として、迷信であるというならば、民主主義優勢論も、また戦争防止の手段として迷信であることになろう。
人類の社会生活の平和は、人類の創世記、天地の開闢以来耽った夢であった。
暴力闘争の悪魔の呪詛に呼び覚まされて、ここに現実の社会生活は闘争の歴史であったといわれるまでに、浅ましき悲劇を演じきたった。
闘争哲学を平和哲学に置き換え、闘争手段を礼拝手段に置き換え、唯物論を唯心論に置き換えざる限りは、考え直す手段も、方法も、何処にも存在しない。
闘争を否定して、平和に転向せしめんがためには、利害損得の打算、現実的な世界情勢を跳躍して、絶対平和の世界は、いかにして建立されるべきかを指導せる、根本原理を探さねばならない。
絶対平和の社会生活を、天国といい、浄土という名目をもって、人類に啓示せしものが、すなわち宗教ではないか。
「然らば即ち三界は皆仏国なり、十方は悉く宝土なり」と変ずべきではないか。人類絶滅の大戦争も、人類安穩の社会平和も、闘争の信仰を、平和の信仰に考え直しさえすれば「当知是処、即是道場」である。
平和を闘争に考え直すことも、思想体系の指南であり、闘争を平和に考え直すことも、また思想体系の指南による。考え直すという以上、それは精神的問題であって、物質的問題ではない。

アメリカに物質が欠乏するから、戦争が起こるわけでもなく、ソ連に物が不足するから、戦争が起こるわけでもない。
物質生産が、豊富なれば豊富なるに比例して、余計に戦争準備に発展する。
平和も戦争も、物質生産の多少、有無によって決定せらるるものではない。
平和も戦争も、唯精神的発達に、自ら決定せらるるものである。
ソ米両国は、第二世界大戦の終局まで、死生・安危を倶にした連合国の盟友ではなかったが。共産主義と民主主義とは、その当時一丸となって、枢軸国と死活を争う、激しい戦争を交えたものであった。
幸いにして、彼らが戦勝した後までも、朝鮮を三八度線で両断することも、満州、台湾、樺太、琉球を奪取することも、共同してやったことであった。
それらの点においては、共産主義も、民主主義も、共同してやれるのに、第二世界大戦が終了して、世界の人間が、東西、等しく戦争否定、平和愛好に憧れておる今日に、今さら、ソ米両国がその奉ずる主義の相違によって、第3次世界大戦を起こさねばならない理由は何処にあるのか。
ソ米ともに、相互に、侵略戦争の責任を、相手国一方の負わせ、相互に、自分の方は平和愛好国であるといっておる。そんな各自の我田引水の理由は、如何様にもあれ、かの恐るべき第3次世界大戦の地獄の釜の蓋を、ソ米両国が競うて、開けつつあることにおいては疑いない。
世界の人類は、日に日にこの焼熱地獄の釜の中に投げ込まれつつある。
現実に立って、世界情勢を判断する時に、米ソの衝突、民主主義と共産主義との死闘、第3次世界大戦を避け得る希望は、暴力戦争を肯定する人々の誰の説明の中にも見い出されない。
民主主義と共産主義との両陣営とも、各自に自分免許の平和論を唱えておるだけのことであって、実際は双方ともに人類絶滅のための進軍をいそいでおる。仮にこの中、一方が勝利を得て、地球上唯一の文明を建設して、その政府組織を作ったとしても、それは共産主義か、または民主主義になったというだけで、それで人類の社会生活は、絶対の平和が到来するということは、だれも保証する者はない。
(昭和二十五年八月)

TOP
<< 1 >> 1ページ中1ページ目

カテゴリー

最近の記事

アーカイブ