藤井日達上人
TOP

現代文明の転換期

物質はどうしても限られます。政治でも、経済でも、軍事力でも物質欲のものは制限がありまして、やがて亡びます。
 
人間の智慧が発達して、その発達した智慧が物質に執着しまして、争いとなり殺し合いになりました。もはや物質的などんな力をもってしても、この暴力をくい止めることは出来無くなりました。

この横暴な残虐性をくい止める道、これを精神的な力に求めねばならなくなりました。それが現代文明の転換期のようであります。

アメリカの文明全体が機械文明であります。物質的な方面にばかり発達し、精神的な面は真っ暗です。精神面は目に見えないから何もかもこれを押しつぶす事ができると考えて、規則を作り破壊します。心の問題が間違ったので他の者は皆野蛮に見え奴隷と見るようになります。

心の中の一番悪いものを仏様は十四か条挙げました。(十四謗法) その中で一番間違いの大きいものは驕慢であります。これは自らを高ぶります。人間が自らを高ぶって人を侮るときに、そこに平和というものは来ません。

キリスト教の歴史を振り返って見ますと、国家やその民族を平和に導いている歴史がない。この信仰に熱心になりますと、やはり血を見ます。他の神は偶像だと言って排斥します。キリスト教の広まった国土では、古来からその地にある民族的な宗教は根絶やしにされています。

たとえどんな理由があってもひとを殺すことが行われれば、世の中に平和は来ません。人を殺す事を一番の重い罪として教えていく宗教、その宗教が信じられれば戦争というものはなくなるでしょう。

人を殺す事を一番の重い罪とする考え方は、人の価値というものを教えます。人は人をなぜ殺してはいけないか。それは人がやがて仏様になる。お釈迦様と同じに絶対の尊い存在となれることを教えます。


20100703-CIMG0227.jpg

台北 花市

科学文明

開堂供養の辞

 現代文明は科学文明と呼ばれる。科学文明は十六世紀の頃から欧羅巴に発生し、独自に発達暴走して、その結果は人類全滅と自然環境破壊に猛威を振るいつつある。人類全滅も環境破壊も必ずしも科学独自の目的でもなく又、その科学の意思でもない。
人類全滅・環境破壊を行う者は科学を応用する軍隊組織と大企業とである。軍隊と大企業とを活動させて人類全滅・環境破壊を行う者は近代国家の政策である。その政策を定めてこれを実施する者は国家権力である。国家権力と云う者も所詮は国民各個の意思・思想信念の結集に外ならない。その国民の意思・思想を指導する者が所謂宗教である。

文明とは

文明とは
文明とは電灯のつくことでもない、飛行機の飛ぶことでもない。原子爆弾を製造することでもない。
文明とは人を殺さぬことである、物を壊さぬことである、戦争しないことである、お互いに人間が親しむことである、お互いに人間が敬うことである。


20100525-CIMG0276.jpg

台北 花市

真実の宗教

【トインビー教授への書翰】 1975年3月 (2)
 近代人の総てが経済的発展を至上目的とするに至った原因は、小中大学に於ける科学教育の犯したる罪悪であります。
現代の痛恨事は国家社会が宗教拒絶状態に在ることであります。宗教は偉人列伝史ではありません。宗教とは人生苦患の究明であります、人生苦患の救済であります。
現代に若し真実の宗教を求めんと欲するならば、先ず核兵器を排除すべきであり、一切の暴力戦争行為に反対することであり、経済至上主義を放棄する事であります。
殺人の傍に宗教は有りません。貪欲の中には宗教は座を持ちません。殺人と貪欲の中にある宗教は似せ物であります。黄金の蓄積と兵器の開発とは正しく現代人類の遠離することが即ち現代人の宗教であります。現代人の苦患はただそれだけで総て解脱します。
ーーーーーーーーーーー中略ーーーーーーーーーーー
非暴力を現代の宗教と呼びます、是が仏教の忍辱の修行であります。

大自在の生活

現代苦悩は皆就着より起これり。執着は名利の両途なり。学校会社階級等は、皆執着の謬りなり。名利を西洋式に組織したるものなり。一度学校会社階級に入れば、人生本来の大道忽然として迷失し、営々として唯その奴隷となる。少年の学校病、青年の会社病、階級の闘争病。無意識の課目に隷従して、死に至るも悔いず。憐れむべきの迷信なり。学校を学ばず、会社に勤めず、階級を争わずして、日々無事に一大事を究明する者ありといわば、今の世で恐らく信じ難かるべし。されども、そは現実の存在なり。釈迦牟尼世尊の教団、和合僧海の生活是なり。 
(昭和5年12月7日 西天開教日誌)

和合僧海

現代苦悩は皆就着より起これり。執着は名利の両途なり。学校会社階級等は、皆執着の謬りなり。名利を西洋式に組織したるものなり。一度学校会社階級に入れば、人生本来の大道忽然として迷失し、営々として唯その奴隷となる。少年の学校病、青年の会社病、階級の闘争病。無意識の課目に隷従して、死に至るも悔いず。憐れむべきの迷信なり。学校を学ばず、会社に勤めず、階級を争わずして、日々無事に一大事を究明する者ありといわば、今の世で恐らく信じ難かるべし。されども、そは現実の存在なり。釈迦牟尼世尊の教団、和合僧海の生活是なり。 
(昭和5年12月7日 西天開教日誌)

TOP
<< 1 >> 1ページ中1ページ目

カテゴリー

最近の記事

アーカイブ