藤井日達上人

撃鼓宣令

               【撃鼓宣令】  昭和九年
 日本山の修行は非合法的に非ざるとともにまた合法的でもない。超合非合法的である。
いわゆる出世間法の面目は、世間法に合非合の論議を超過しておらねばならぬ。宗門の思想とする法国冥合の暁の如きは遠き将来の目標である。右顧左眄ないし、盲目跛行の今日の世間法と強いて一致することを急ぐ者は諂曲の僧侶の愚案であらねばならぬ。
世間法が如来の正法に一致冥合するまでは、日本山はいつも世間の怨嫉迫害のなかに立っていることが真実義である。

              【 撃鼓宣令 】   昭和九年
 世間に好しと称せらることは、末法濁悪の世に於いて正法を護持する者にとって永遠に禁物である。世間の毀辱に刀杖が閃(きらめ)くが如く世間の称賛には劇毒が盛られてある。
毀辱の刃を忍び得たる宗門もかえって称賛の毒にあてられた。日本山の行くべき道は、いつもいつも佛祖の勅命を受けた自己一人以外の何者も伴れたってはならぬ。
深固幽遠無人能到は法華経の行者の却下立地の風景である。
ーーーーーーーーーー中略ーーーーーーーーーーー
撃鼓の本旨は、すなわちこれ宣令である。宣令は四方弘法であり、四方求法である。

日本山妙法寺

        【仁王護国鈔】
 日本山妙法寺は各宗僧侶の資格に洩れ一般社会の競争に敗れ名利両(ふたつなが)ら失いたる、教導職能化の器に不適任の者を蓄えるを以って本意とす。仍(よっ)て官庁の認める適任の思料に外れ宗務院の登録する資格に当たざること必然の約束なり。只、独り仏弟子の詮考に叶うを以っての故に自ら出家得道して私かに仏子の威儀を学ぶのみ。

日本山妙法寺

      【毒鼓】 遣使還告  (3)
 
予が日蓮大聖人を高祖と仰ぎながら、別に日本山妙法寺の僧加を構成して独自の修行をする所以も、日蓮宗一般に教機時国序の格網ともに、あまりに狭義の解釈を施し、時機にあたれる救済の手を垂るること無きが為に、是好良薬を稍もすれば時代に施しおくれ機根に合わざる恐れがあるが故に撰時鈔の明文に由り、自由の弘通をすることである。

日本山妙法寺

【日本山妙法寺】
詮ずる所は、日本山妙法寺開堂供養とは、日本の仏法月氏へ帰るべき瑞相なり、乃至、日本は光明月に勝れり、後五百歳の長き闇を照らすべき瑞相なり、と仰せられた日蓮大聖人の諌暁八幡鈔が即ちそれである、大聖人予言の全文、今日一宇の仏殿となった、是から何にでもなるのじゃ、

猫は猫で動かして、共に御浄土を作る

 日本山は、未だ色々雑多な者があります、雑多は雑多でいい、十界ともにあります、その
十界が挙〔あが〕って今度は人類救済の為に動き出すと、これは大変だ、これをせねばいかん、猫は猫で動かし、共に御浄土を作らねばいけません、
【恩師御法話】 五十八年一月二十日 多宝山

日本山妙法寺

日本山妙法寺と云う名は、私が海外に仏法を弘めた初めから付けました。

日本の仏法

         【日本の仏法】
 南無妙法蓮華経と声を惜しまず唱えて法鼓を撃ち、十方世界に周旋往返する者、是を日本の仏法と言います。

           【日本の仏法】
   南無妙法蓮華経と口に唱え
    南無妙法蓮華経と手に鼓を撃ち
      南無妙法蓮華経と身に礼拝を行じ
        南無妙法蓮華経と意に深く敬いを念じつつ、
 遍く村営聚洛に到り、十方世界に周旋往返して純ら立正安国世界平和を祈る者、是を日本の仏法と称します。

宛も狂気の人の如く

【毒鼓】 遣使還告
 私達の西天開教も仏教の最も肝心なる救済の結晶を提げて一切の所有る仏教の研究や解説やの迂遠な手間を用いる事無く、直ちに病人の耳に入れ、眼に入れねばなりませぬ。是の道理を思うて私達の朝も晩も南無妙法蓮華経を大音声に唱えるのみならず、お太鼓を撃って多くの群衆の中に宛も狂気の人の如くに熱心に叫んで祈る心持ちが或は御推量が出来ることと存じます。
南無妙法蓮華経の声が耳に入り、南無妙法蓮華経を口に唱えること、唯だ此の一つの修行に由って此の印度の三億五千万の人が一時に救われるのみならず、やがて一閻浮提の一切衆生が斉しく皆救われると云う大信念が即ち日本仏教の根本原理であります。

現世利益

現世利益

 日蓮聖人様ほど酷い御難に遭われた人は無い。口を閉じれば御難に遭わなくても済むのを、一度法難が起れば、又次の法難の起るまで、自分の信ずる道を説いて天下を諫められた。
ここに日連聖人様の言わねばならない御使命の後自覚が有ったのであります。

言わねばならない、言えば難に遭わねばならない。難に遭う事は、或いは流罪、或るいは死罪しばしばこうした国王の難を始め一切衆生の非難の中に、正しき教を伝えて行かれた。
此れが、末法と云う悪世に法を弘める菩薩の御修行の姿であります。
長い間の幕府の政治の下に、今も日蓮宗も、天下を諫めるでも無し、世界を導くでも無し、一軒の寺を守りしておれば良い方になってしまいました。
此れではどうにも御祖師様の御志は遂げられません。及ぶ及ばないは仕方が有りませんけれども、我々は、何とかして志を発して、現代の世界の人々の嘆きを、法華経の御題目において解決して行かねばならないと思い立つ事が、御祖師様の御弟子の仕事でありましょう。
其の為には、こんなお寺も要りますけれども、実は何よりも現代の間違いの依って来たる根本を究めて、此の災いを世界から払いのけねばならない。
此れが 南無妙法連華経の現世利益であります。ここに成功すれば、人類が助かるのであります。
此れをキリスト教がやるのでもなければ、念仏宗の人達がやるのでもない。日蓮大聖人様の御弟子
様方がせねばならない仕事であります。

(昭和三十六年二月一日)


20101120-CIMG0456.jpg

若き日のお師匠様

我不愛身命

【身命】  昭和四年
 
せっかく憧れて分け登った日本山の頂上は、荒菰(あらごも)を敷いた首の座に似ております。
      _________中略 ________
身命の上にすら何ら求めるところもありません。名誉も出世も、それから財宝も遥かなる世界の噂ほどにも聞こえません。飢えと寒さと怒、嘲、重病、臨終、検束、拘留、追放、刀杖、頻出等、それらは撃鼓宣令の妙音声が反響したる十方浄土の諸仏菩薩から 法華経の行者に供養せられたる蓮華の葉葉であります。我不愛身命の誓願地から湧きいでたる七宝塔の瓔珞荘厳であります。
            ________中略__________
我不愛身命の朝夕の中に於いては、撃鼓宣令の一行、南無妙法蓮華経の大音声が謗法闡提の毛孔に迫り、毒鼓の響きが百億の太陽系統の三千世界の悪魔の宮殿を震動せしむるよりほかには、何らの修行も相応致しません。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 17ページ中2ページ目

カテゴリー

最近の記事

アーカイブ